ポリッシュ(研磨)


ポルシェの磨きとコーティング
塗装面の研磨とガラスコーティング
車のボディ研磨

おクルマを輝かせるにあたり、ボディ研磨処理が最も重要であります。

仕上がりコーティングの性能発揮は、ポリッシュの技術に左右されます。

 

アウェイクでは、研磨により塗装本来の美しさを最大限まで引き出すことが可能です。

 

ただし、クルマの塗装には当然ながら「限り」がございます。

キズは磨けば磨くほど消えていきますが、塗装自体の耐久性を下げる事になってしまいます。

 

 愛車を普段からとても大事にされていて 当店ホームページにお越し頂いている方は

「キレイになれば手段はなんだっていい」と考えている方は少ないのではないでしょうか。

 

「ボディにダメージを極力与えずに輝きを取り戻す」

「塗装を良い状態で長期的に維持できる」

を当店ではお客様の財産である愛車を研磨する上で重要視しています。

 

 そこで、ボディ研磨において次世代を担う特殊技術「Mastermind」 を採用しています。

 

 この研磨技術は、従来の研磨方法に比べて

 クルマの塗装を極力削らない=ダメージを与えにくいキズ消しを可能としています。

 塗装オリジナルの塗り肌をそのまま残します。(塗り肌を変えるようなハードな研磨は推奨していません)

 また低温での研磨が可能であり、普及が進む「自己修復クリア塗装」のキズ消しにも対応しております。

 

「カーディテイリング専門店」として、ボディ研磨時に、キズを無理に追わないように心がけております。

 研磨により 無傷を目指すことは、同時に多くのデメリットも生み出す事にもなる為です。

 塗装パネル毎に「塗装膜厚」「塗装強度」「キズ深度」を見極めて適切に研磨処理を行ないます。

 

 

 使用するコンパウンドにもこだわり、当店は水性コンパウンドを使用して究極の透明感ある塗装面を目指します。

(油分を含むコンパウンド使用でキズを隠微したり、磨きの仕上がりをごまかすような施工はしておりません。)

 また車の塗装硬さに応じて、研磨スピード別に複数種類の水性コンパウンドの中から適切に使い分けます。

 

 

 研磨処理を含む施工お預かりの前には「見積り研磨」を行なっております。

 お客様と一緒に塗装状態と、キズ除去の仕上げレベルを把握させていただきます。

 見た目酷くても浅いキズであったり、あまり目立たないキズが深いキズだったりする場合があります。

 お客様の仕上がりイメージに対して、店主の納得する仕上げ方がオーバースペック=施工金額増  となることを未然に防げます。

 

 また当店では、クルマの塗装色、生産国をベースに施工金額を決定しておりません。

車毎のボディ状態からお客様の理想の仕上がりにするまでに要する工数を基準に、施工金額を算出させていただきます。

 

 

 実は研磨でキズはなくならない?磨きの考え方について

 Before

車のボディ磨き前

After

車の塗装磨き施工後

Before

プリウスのピラー研磨前

After

プリウスのピラー研磨後

Before

車のボディ研磨施工前

After

車の塗装面の研磨後

Before

車の塗装ポリッシュ前

After

車の塗装ポリッシュ施工後

Before

202ブラック研磨施工前

After

202ブラックの塗装研磨後

Before

車の塗装面の磨き前

After

車の塗装面の研磨後

鈑金塗装後の修正研磨の様子
鈑金磨きキズの修正研磨 Before/After

実は研磨でキズはなくならない?磨きの考え方について


ボディのキズ消し方法でおこなわれる「塗装研磨処理」ですが、実は研磨によりキズがなくなっている訳ではありません。

 

実際は「深いキズを極浅いキズに置き換えをしていく」「別のキズを新しく付ける」=「削る」作業です。

 

洗車キズのような目で見てしっかり確認できるキズに対して、「ポリッシャー」&「バフ」&「研磨剤」を適切に組み合わせながら、塗装表面に浅いキズを付けていきます。

 

「深いキズを目視で把握ができないレベルの極浅いキズに変換する」=「キズがなくなり塗装面がキレイになったと感じる」ようになるのが磨きの考え方です。

 

上記の磨きの考えより、アウェイクでは「必要以上に塗装を削らない=減らさない」=「最小限の研磨量で美観を取り戻す」

浅いキズの微調整が数ミクロン単位で可能な、新しい研磨方法を採用しています。(1ミクロン=0.001mm)

 

クルマだけでなく、塗装もお客様の大切な財産であると考え、

その財産である塗装をなるべく減らさずに、最高の美観が得られるように仕上げております。

アウェイクは、旧車の塗装から近年の高密度化された塗装、耐スクラッチキズ塗装の研磨も問題なく対応可能です。

 

 

これから磨き処理を含むコーティング施工を検討されている方に気をつけて頂きたい事があります。

「磨き処理がコーティングの仕上がりを左右します!」とアピールしている施工店の中には、

仕上げ研磨が完璧に出来ずに、コーティング剤でごまかしている不誠実なお店も実情として多くあります...

 

また「研磨をする」と言っても様々なレベルがあり、施工店によって定義も全く異なります。

 

一般的にリーズナブルなイメージの「軽研磨」という表記も、

塗装面にコーティングを定着しやすくさせる為や、光沢出しが目的でキズ消しは対象でない意味で用いているお店もあれば、

当店のように 深いキズは追わないが、見える浅いキズ(洗車キズ)はリフレッシュするという意味で用いているお店もあります。

 

これから専門店で依頼を考えている場合は、自分の美観に求めるニーズに合っているか依頼するお店に施工の内容を納得するまで質問する等、慎重にお店選びをして頂ければと思います☆

ポルシェの研磨とコーティング